町会とは

町会とは地域住民がお互いの親睦を深め、住み良いまちをつくるために自主的に組織された地元を愛するボランティアにより運営されている任意団体です。
富士見二丁目町会の会員は富士見二丁目に居住する住民及び法人の代表者(管理者)で構成されています。マンションに賃貸で居住している方も加入ができます。もちろん加入するかは自由です。

ホームページに「町会役員・活動会員リスト」を掲載しておりますので、ご覧ください。

町会員のメリット
町会に加入するとこんなメリットがあります。


  • 町会のイベントを通して住民同士の交流ができます。
    お祭りや子供向けの行事などに参加することで住民同士が知り合うきっかけができます。
  • 快適、安心な住生活を営む助けとなっています。
  • 地域の有益な情報が得られます。
    例えば公共工事の情報や千代田区による各種サービス等をいち早くお知らせします。
  • 清掃活動、見守りパトロールなどを通して快適で安全な街づくりに参画できます。
  • 生きがいとして町会活動に参加すると認知症発生リスクが半減すると言われています。


どんな町会活動や行事があるのか、当HPの
「年間スケジュール」と「行事イベント」をチェックしましょう。

60年以上前から続いている町会は地元=富士見二丁目を愛する町会員の無償のボランティアによって運営されています。
町会活動に参加した方には飲み物などを提供しています。

毎年行われる町会総会、新年会には千代田区長、地元選出の国会議員、都会議員、区会議員、その他地元に関係されている方が多数参加されます。

町会に加入ご希望の方、町会活動に参加ご希望の方、当HPの「行事・イベント参加申込み」「お問い合わせ」でお申込みください。

※町会活動の詳細については「富士見二丁目町会定時総会議案書」(富士見出張所に備置)と小冊子「町会らいふ」を参照ください。

町会の活動費
町会の活動費は町会員が支払う町会費のほか、行政からの補助金・委託費、バザーや縁日の売上、各種の寄付金、会員の行事参加費などで賄われています。

千代田区の「次世代育成住宅助成制度」
賃貸の方も利用出来ますが、町会加入が条件になっています。
2020.4.20

千代田区次世代住宅助成.pdf

町会加入証明書.pdf

人生100年時代の生きがいとしての町会活動

自分の生きがいとして、町会活動に参加することは、他人のための社会貢献だけでなく、自分自身のためにボランティアや地域活動に取り組む人が増えています。
気軽に町会活動に参加してみると、その先には今までとは違う別の楽しい人生が待っています。

現役時代の後半からボランティア活動や地域貢献に取り組む人が増えています。
お手伝い的なニュアンスが強かったボランティアとは違う、専門的な知識や技術を活かしながら社会貢献活動をする「プロボノ」として地域デビューする方も増えています。
余裕のある時間を社会のために使いながら、自分の生きがいを見出す動きが広がっています。

<社会と多様なつながりのある人は認知症発生リスクが半減>
人生100年時代 長くなる人生において社会との接点を持つことが大切になっています。
友人との交流、地域のグループ活動などに積極的に参加している人は認知症発生リスクが低いと言われています。

町会活動から得られる喜び、社会貢献を通じて自信や充実感が得られます。
町会活動などの社会貢献は人のためだけでなく、自分のためにもなる活動です。

<NIKKEI 人生100年時代 FORUM2019 より>
2019.11.23

参考文献 「どこまでやるか、町内会」紙屋高雪著

町会についての参考文献です。
町会への加入は任意です。強制は出来ません。志願(ボランティア)が原則です。
やりたい人、楽しめる人がどんどん町会活動をして、コミュニティ意識・お隣さん意識を作り出して、楽しくやることを心掛けていくこと、黙っていても町会は変わりませんから、あなた自身が同志を作って、みずから町会の役員になって改革をしてみることを提唱しています。
アマゾンのBOOKデータベースによれば、本書の内容は
「町内会・自治会の課題を解決し、快適にご近所づきあいするために―大きな災害が起こるたびに人々の結びつきが注目され、町内会の存在がクローズアップされる。一方で、高齢化で担い手がいない現実や、子育て世代にとって負担の多い活動が、ご近所トラブルのもとになることも。町内会と行政の関係や新興の町内会のあり方を通して、町内会に関わるすべての人の疑問や思いにこたえる1冊」となっています。
2019.4.9

町会費とは

町会費については、どのように考えたら良いのでしょうか?
→私は町会活動をしている皆さんを応援するサポーター費用と考えています。

多くの方がとても忙しい中で、時間を見つけてボランティアとして町会活動をしています。
沢山の活動を手分けして行なっています町会の一年間の活動費は600〜700万円程度です。
区役所の職員の一人分です。
無給のボランティアだから、これだけの多くの活動が出来るのだと思います。
強制ではありません。
お時間が有りましたら、皆さんもサポーターからプレーヤー・活動メンバーとして是非とも
参加してください。
皆さんで支え合うことで町会活動は成り立っています。

2019.4.9

千代田区のコミュティ活動

千代田区に、いったいどのようなコミュニティがあるの?と思う方は、千代田区の発行しているパンフレット「参加しよう!地域コミュニティの活動」をご覧になってみてください。
町会・連合町会、マンション管理組合、教育機関、企業・NPOの取り組み、関連機関について概要を紹介しています。最初に全体的なイメージを持っていただくのに最適です。

ちよだコミュニティラボは、千代田区という町をシェアする人たちが
課題やリソース、思いをシェアする取組みを応援しています。
2019.4.9

2019.4.9

2019.4.9

2019.4.9

2019.4.9

2019.4.9

2019.4.9

町会ライフ

2019.4.9

2019.4.9

2019.4.9

2019.4.9

2019.4.9

千代田区出張所エリアマップ

2019.4.9

富士見二丁目町会創立60周年記念式典

平成27年5月29日 高梨幸彦町会長の発声で、町会創立60周年記念式典が開催されました。
石川雅己 千代田区長、山田美樹 衆議院議員、内田茂 都議会議員をはじめ地域区議会議員、消防、警察、学校関係及び近隣町会長・女性部長等多数の方々を来賓にお招きして、二部構成にて開催されました。

第一部式典では、物故者に対する黙祷の後、町会長挨拶、町会活動功労者に感謝状・記念品贈呈の後、来賓代表者から祝辞を賜りました。

第二部祝賀会では、鏡開き・乾杯の後、スライドによる町会今昔風景・行事の思い出の紹介、東音 石川賀要子社中の方々による長唄、フォークシンガー小象さんのライブで盛り上がり、マツヤサロンの料理を楽しみました。2019.4.9

2019.4.9